両親への自転車贈呈

結婚式の感動シーンは新郎・新婦からの花束贈呈。

が、私たちは花束は渡さなかった。

これしかない!と結婚する前から決めていた贈り物がある。


自転車。

花束贈呈の場面で自転車を渡したらおもしろいだろうなぁ。


両方の両親に計4台の自転車をプレゼントした。

ルイガノのクロスバイク。
c0016380_11224768.jpg


背の低い2人の母にも合う小さなサイズ。

ズボンの裾をうっかり汚す新郎の父のためにチェーンカバー付き。

そしてついスピードを出しすぎるうちの父のためにヘルメット。

軽くてシンプルで車にも積みやすい。
変速も8段とちょうどいい。

4人のことを考えたらこのクロスバイクになった。

組み立ててくれたのは自転車工房エコーの師匠!
贈呈用に親友2人が自転車とヘルメットを派手派手キラキラにデコレーションしてくれた!


本番、花嫁の手紙の後に

「自転車のプレゼントです!」

と司会者の紹介で贈呈した。

感動の後の驚き。

10カ国を超える出席者の方々もきっと驚いただろう。
日本の結婚式では自転車をプレゼントするのか…と。←誰もそんな誤解を解いていない 笑


この自転車でぜひ二人仲良く、ときには四人仲良く走ってほしい。
また、家族みんな巻き込んだり、仲間をつくったり…

自転車に乗るということ自体はたいして重要ではない。
1km走ろうが100km走ろうが関係ない。

大事なのは、自転車を通じて、両親が楽しい時間を共有できること。
笑顔になること。

繋がること。

自転車が私の世界を広げてくれ、感謝と喜びを教えてくれたみたいに、ちょっとでも両親の役にたてたら。
by manten-bike | 2010-04-16 11:22